バーベルトレーニング記事一覧

ダンベルトレーニングにも慣れてきたので、そろそろバーベルも使ってみたくなりました。でも、自宅でバーベルって、やっぱり敷居が高いんですよね。まず、かさばる。バーベルそのものもデカいんですが、バーベルを置くラックも要りますし、安全性を考えたらセーフティーバーも必須です。そこにベンチを置くとなると、かなりのスペースが必要になります。〈1年保証〉ベンチプレス セット セーフティ ベンチプレスラック 台 簡...

バーベルにプレートをはめただけでは、シャフトが傾くとプレートが滑り落ちてしまいとても危険です。滑り落ちないようプレートをシャフトに固定する留め具を「カラー」といいます。あの色を意味する「color」です。バーベルの両端にあるプレートを取り付ける部分をスリープと言います。カラーはプレートを固定する留め具ですから、スリープの種類に合ったカラーを選ぶ必要があります。まず、スリープの形状ですが、ストレート...

自宅でバーベルトレーニングをしようと思ったら、バーベルだけでなくラックやセーフティーバーも揃えなければなりません。最初からはちょっと考えちゃいますよね。ということで、シャフトジョイントを買ってみました。【送料無料】 シャフトジョイントのみ 【1本】 変換 追加 接続 交換 可変 ダンベル用 バーベルシャフト ダンベルシャフト シャフト スクリュー ジョイント トレーニング 器具 筋トレ 筋肉 スポ...

ダンベル用のシャフトをシャフトジョイントで繋ぐと、バーベルとして使えます。ただし、355mmのダンベルシャフトを150mmのジョイントで繋ぐと、シャフトの全長は775mmしかないので、ベンチプレスなどはできません。長さが足りないんですね。410mmのシャフトを繋げても全長は870mmですから、まだ足りません。なので、アームカールやアップライトロウのように、腕の幅が狭い種目に使おうとしたのですが、実...

スクワットでバーベルを担ぐとき、重量が上がってくると肩や肩甲骨に相当な負担がかかります。それを和らげてくれるのが、このスクワットパッド。これがあるのとないのとでは、大違いです。IROTEC(アイロテック)スクワットパッド /ダンベル ベンチプレス フィットネス用品 筋トレ スクワット パワーラック バーベル トレーニング器具 筋力 筋力トレーニング スクワットラック価格:2916円(税込、送料無料...

Sponsored Link