パワーラックにはジョイントマット

パワーラックのマスキュラーセットR140は、本体だけで82kgあります。もちろん、直置きしたら床が痛みますし、普通のマットを敷いても破れてしまいます。そこで揃えたいのがトレーニング用のマット。床全体を補修するのに比べたら費用対効果は圧倒的に高いので、パワーラックを設置する場合はエクササイズ用のジョイントマットを敷くことを強くお勧めします。

 

マスキュラーセットとジョイントマット

 

フロアマット、フィットネスマット、ベンチマット、保護マット、ダンベルマット、筋トレマット、エクササイズマット、クッションマット、ジョイントマット、トレーニングマット、タイルカーペット等、トレーニング用のマットにも実に様々な種類があります。大判1枚のマットもありますが、設置や取替えを考えると数十センチ角のマットをタイル状に連結するジョイントマットがオススメです。

 

ジョイントマットのいいところは、次の通りです。

  • 傷が付いたり破れたりしたら、その1枚だけを取り替えればよい。
  • 設置場所に合わせて敷き詰めることができる。
  • パワーラックが安定する。
  • プレートを床に置いても音がしない。
  • 足やベンチが滑らない。
  • 掃除が簡単。
  • 冬でも暖かい。

 

ジョイントマットの素材は、大きく分けて発泡EVAと再生ゴムの二つ。発泡EVAは安価で軽いのが特徴ですが硬度が出ません。一方、再生ゴムは高硬度のマットができますが、重たく高価になります。よほど本格的なトレーニングをしない限り、自宅用なら発泡EVAで十分です。

 

次にサイズですが、厚みはほぼ1cmから2cmの間ですが、大きさは30cm角から100cm角まで様々な種類があります。1枚が大きいと傷ついたときに取り替えるのがもったいないですし、複雑なスペースに敷き詰めるのも大変になるので、50cm角前後の大きさがオススメです。

 

色は好みで選べばいいでしょう。私は実際に購入したブラックとグレーの組み合わせが、汚れも目立たず気に入っています。

 

枚数も1枚から48枚セットまでいろいろな組み合わせを選べますが、後々傷ついたり汚れたりしたマットを取り替えることを考えて、敷き詰める面積より少し多めに購入しておきましょう。

ジョイントマットの比較

ジョイントマット比較

 

様々な枚数の組み合わせで販売されているので、1枚当たりの単価を参考までに載せています。やはり発泡EVAと比べると、再生ゴム製マットの値段は1桁高くなります。

 

実際に1年近く使ってみて、フィールドアの45cm×45cm×1.0cmの48枚組が、コスパもいいですし耐久性もそこそこあってお勧めです。もちろん、重たいものを置けば凹みますし傷も付きます。もっと耐久性の良い高硬度の本格的マットが良い方には、値段は張りますがワイルドフィットの50cm×50cm×1.0cmの8枚組をオススメします。表面が合成レザー仕上げになっているので、高級感もあります。

 

ただ、フィールドアのマットは色がブラック、ネイビー、グレーの地味な3色しかないので、もっとオシャレにしたい方には同じ価格帯のKaRaDa Styleの60cm×60cm×1.2cmがいいでしょう。アクアブルー、グリーン、パープル、ピンク、ブラウン、ブラック、ベージュの7色が揃っていますから、部屋を好きな色にコーディネイトできます。

 

45cm角

マーシャルワールド
45cm×45cm×1.2cm 1枚組

 

サイズは、45cm×45cm×1.2cmで1枚です。1枚当たりの価格は810円。素材はEVAです。色はブラックのみで、サイドバーツ付き。

悪い口コミ
  • 在庫がないのに商品がサイトに上げられている。

 

check

フィールドア(FIELDOOR)
45cm×45cm×1.0cm 8枚組

 

サイズは45cm×45cm×1.0cmの8枚組。素材はEVA。ショア硬度は55で、サイドパーツも付いてます。

良い口コミ
  • 使用後に大きな凹みもない。
  • 石油系の臭いもしない。
  • クッション性がいい。
  • 隙間なく敷くことができる。
  • 衝撃、音、振動を吸収してくれる。
  • 程よい硬さ。
  • コスパが良い。
  • カッターや家庭用のはさみで簡単に切れる。
  • シューズやベンチは滑らないが、プレートやバランスボールは程よく滑る。
  • 掃除がしやすい。
  • 保温効果もある。
悪い口コミ
  • 独特の臭いがする。
  • 重いものを置き続けておくと凹んでしまう。
  • 普通に沈み込むため、硬度55は間違いなくない。
  • 表面にワックスのようなものが塗ってある。

ピュアライズ(PURE RISE)のジョイントマット

私が選んだジョイントマットは、ピュアライズ(PURE RISE)の42cm×42cm×1.0cmの48枚組です。

 

 

厚さ1cmのトレーニング用に作られたマットなので、通常のマットに比べればキズが付きにくくなっています。6畳分の48枚が1セットですが、マスキュラーセットR140はマルチポジションベンチも付いているので、これくらいは必要です。色は、黒、グレー、ネイビーの3種類があり、それぞれを組み合わせることもできます。サイドパーツも付いているので、縁がギザギザにならず綺麗に敷くことができます。私は、黒とグレーの組み合わせで購入しました。

 

黒とグレーの組み合わせのジョイントマット

 

発泡EVAでありながらショア硬度55と書かれていますが、多分そこまでの硬度はありません。でも普通に使うには全く不便もありませんし、傷が付いたり凹んだりしたら1枚たったの156円ですから気兼ねなく取り替えられます。頻繁に取り換えるつもりならば、色は単色にしておいた方がいいですね。

Sponsored Link