トレーニングベルトはおすすめ

トレーニングベルト、使ってますか?あの、重量挙げの選手が腰に巻いている幅広のベルトです。

 


 

ウェイトリフティングベルト、ウェイトトレーニングベルト、あるいはパワーベルトとも呼ばれます。確かに実際に装着してみると、本格的に筋トレしているベテランに見えてきます。その大袈裟加減から、初心者には敬遠されているんでしょう。

トレーニングベルトの使い方と効果

トレーニングベルトの最大の役割は、腰痛防止。

 

腹圧を上げることによって体幹を安定させ、腰痛を防止してくれます。実はこれ、初心者にこそ必要な役割なんですね。「腹圧を上げる」というのは、腹式呼吸でお腹を膨らませた状態にして、横隔膜を下げることによってお腹の内部の圧力を高めることをいいます。できます?(笑)

 

そもそも横隔膜ってどこにあって、どう動かせばいいのか知りませんし、だいたいどうなれば腹圧が高くなっているのかも分かりません。日常で腹圧を意識することなんて、ありませんから。でも大丈夫です。このトレーニングベルトでギュッとお腹を締め付ければ、誰でも自然に腹圧を上げることができます。だから、初心者向けなんですね。

 

また高重量でデッドリフトやベントオーバーロウイングなどをやるとき、腰が曲がってしまうと大きな負荷がかかり腰痛の原因になります。トレーニングベルトは、腰を直接サポートしてくれるので姿勢が安定し腰痛防止に繋がります。これもフォームが安定しない初心者にこそ、必要なことです。

 

なので、遠慮なく使うようにしましょう。

 

トレーニングベルトをしていると、私のような腰痛持ちは腰が安定するのをすぐに実感できます。さらに、体幹やフォームが安定するために扱える重量も上がります。

トレーニングベルトのサイズの選び方

トレーニングベルトにも、いろいろな種類があります。ナイロン素材や本革製、マジックテープ式やピンバックル式、ピンバックルもピンが1本のものと2本のもの、長さ、幅、形状等、まちまちです。なので、実際にお店で装着してから選ぶことをお勧めします。

 

私はいつものように通勤途中のゴールドジムに寄って、従業員の方からアドバイスをもらって選びました。それが、これ。

 

ゴールドジムのトレーニングベルト

 

サイズはXSのダブルピンバックル式です。

 

ダブルピンバックル式のトレーニングベルト

 

自分で選ぶと、長いものを買ってしまう可能性があります。というのも、ゴールドジムの従業員の方によると、トレーニングベルトは限界まで締め付けて使うものなので、目いっぱい締め付けてピンが真ん中あたりの穴に留まるのが、ちょうどいいそうです。購入したときの私のウェストサイズは77cmでしたが、一番小さいXSを勧められました。

 

XSサイズのトレーニングベルト

 

肌色のアンティークレザーベルトと、黒色のブラックレザーベルトとがありましたが、装着感は断然ブラックの方が良かったですね。思いっきり締めても肋骨を圧迫することもありませんし、背面のパッドで腰部のサポート感もぴったりです。これも、実際に装着してみないと分からないことです。

 

トレーニングベルトの背面パッド

 

ただし、背面にデカデカと入った黒地に黄色の「GOLD'S GYM」の文字が、ジムで使うにはちょっと恥ずかしいかもしれません。私は家トレなので、全く気にしませんが。(笑)

 

トレーニングベルトのロゴ

やっぱりゴールドジムのトレーニングベルト

ゴールドジムのトレーニングベルトを使い始めて、1年3か月が経ちました。

 

ゴールドジムのトレーニングベルト

 

さすが、ゴールドジムの製品です。使用上、まったく問題ありません。むしろ、革が体になじんできて、よりフィット感が増してきているように感じます。バックルの部分を拡大してみます。

 

ゴールドジムのトレーニングベルト

 

全く手入れをしていないこともあって、ビスなどの金属部分が少し錆びてきています。でも革の部分は全く問題ありません。内側を見てみます。

 

ゴールドジムのトレーニングベルト

 

ベロ部分の革の色が少し濃くなってきていますが、購入直後より革が柔らかくなって使い易いです。

 

ゴールドジムのトレーニングベルト

 

体に触れる内側なんですが、シャツの上から巻いて肌に直接接しないようにしているので、ほとんど変色もありません。穴の部分を拡大してみます。

 

ゴールドジムのトレーニングベルト

 

いつも同じ穴を使っているので革に少し折り跡がついてきていますが、穴そのものは変形もありません。ただし、ところどころ革を縫い合わせた糸がほつれてきているところはあります。一番最初に傷むのは、この縫製部分かもしれません。

Sponsored Link