フィットネスマットは厚さがポイント

自重トレーニングをするなら、フィットネスマットは有った方がいいです。

 

フィットネスマット

 

自重トレーニングの場合は、床に手足をついたり寝そべったりすることが多いからです。たいていの床は固いですから、肘や膝をぶつけると痣ができてしまいます。さらに冬は床が冷たいですから、直接寝そべると体が冷えてしまいます。まあ、床が汚いからそのまま寝られないっていうのもありますが。

 

フィットネスマットは、ヨガマットやトレーニングマットなどとも呼ばれていて、ネットでも数えきれないほどの種類が売られています。ほとんどが、丸めて畳むことができます。

 

トレーニングマット

 

値段もまちまちですが、ポイントは厚さです。衝撃吸収と保温が目的ですから、薄くては意味がありません。私は厚さ6mmのマットをスポーツショップで購入しましたが、冬はちょっと冷えるので10mmくらいあった方がいいと思います。

 

それと、消臭剤は必需品。

 

消臭剤

 

どうしても運動中は汗をかきますから、そのままにしておくとマットが汗臭くなっちゃいます。運動が終わったら、消臭剤をシュッと吹きかけてしまっておくといいですね。腕立てしてて最後にマットに崩れ落ちたとき、汗臭かったりすると気分が萎えてしまいますので。

Sponsored Link