突然死・がん・認知症を招く血糖値スパイク

血糖値が急上昇すると、膵臓からインスリンが大量に分泌され、中性脂肪となって蓄積されます。また血糖値を急激に上下させ続けると、膵臓に負担がかかりやがてインスリンの分泌が悪くなります。

 

さらに食後短時間での血糖値の急上昇は、それ自体が血管を傷つけます。この食後短時間(1−2時間)で血糖値が急上昇する現象を、「血糖値スパイク」といいます。

 

血糖値スパイクを放置すると血管が傷つけられ、心臓疾患(心筋梗塞、狭心症)や脳卒中(脳梗塞、脳出血)による突然死のリスクが高まることが分かってきました。さらに血糖値スパイクは、癌や認知症の原因にもなると言われています。

血糖値スパイクの危険度チェック

2016年10月8日、血糖値スパイクがNHKスペシャルで放送されました。放送内容や、危険度チェックは、こちらのサイトで確認できます。

 

血糖値スパイクは通常の健康診断では、見つけられません。是非このサイトで、危険度チェックをしてみてください。

 

ちなみに筋トレダイエットを始める前の状態で、危険度チェックをした結果がこちら。

 

半年前の血糖値スパイク判定結果

 

そして、筋トレダイエットで10kg減量した状態でチェックした結果がこちら。

 

現在の血糖値スパイク判定結果

 

分かり易いですね〜

Sponsored Link