プレートはかさばる

IROTEC(アイロテック)のマスキュラーセットR140には、140kg分のプレートが18枚あります。

  • 20kg×2枚
  • 15kg×2枚
  • 10kg×2枚
  • 5kg×4枚
  • 2.5kg×4枚
  • 1.25kg×4枚

 

これ、床にそのまま置くとかなりかさばるんですよね。

 

マスキュラーセットのプレート

 

それだけではありません。

  • 必要な重さのプレートが見つからない。
  • ラバーの突起で床が凹む。
  • プレートを持ち上げるとき指を挟む。

 

こういった問題を一発で解消してくれる優れものがあります。

専用のプレートラックがオススメ

かさ張るプレートを片付けるために、私は最初、このようなワゴンを使っていました。

 

ダンベル用ワゴン

 

確かにプレートを一か所に集められますし、移動することもできます。でも、次のような欠点があります。

  • 収納量の割にスペースを取る。
  • 平置きするのでプレートが取りにくい。
  • 耐荷重が100kgしかない。

 

プレートはワゴンの上に乗ってはいますが、収納量は床に置くのと変わりません。プレートを重ねて収納しても、ワゴンの大きさは一定なので占有スペースは減りません。

 

また、ワゴンの底は平面なので、特に高重量のプレートを平置きすると持ち上げるのが大変です。筋トレ中の疲れた手で出し入れすると、指を挟んでしまうこともあります。

 

致命的なのは、耐荷重が100kgしかないことですね。マスキュラーセットのプレートは総重量が140kgありますから、全てのプレートを乗せることができません。

 

次に、片手約41kgのブロックダンベルを両手分購入したのに合わせ、プレートを高耐荷重のワイヤーラックに収納するようになりました。

 

ブロックダンベルを乗せたワイヤーラック

 

このワイヤーラックシリーズには、耐荷重が80kgと150kgの棚が揃っているので、必要な枚数購入して多段にすることができます。ダンベルに使う5kgまでのプレートを片付ける場合は、かなり便利に使うことができます。ただし、標準で付いてくるナイロンキャスターは、高荷重のラックを繰り返し移動していると破損する可能性があるので、業務用のゴムキャスターに替えておいた方が無難です。

 

業務用ゴムキャスターとナイロンキャスター

 

左が標準のナイロンキャスターで、右が別売りの業務用ゴムキャスター。耐久性が上がるだけでなく、ワゴンの移動もスムーズになりますし、タイヤの幅が広いので床への負担も減ります。

 

とはいえ、マスキュラーセットに付属しているバーベル用のプレートなどを片付けるには、やはりワイヤーラックは向いていません。ダンベル用の5kgプレートは直径が220mm程度ですが、バーベル用の20kgプレートは直径が450mmあります。このワイヤーラックシリーズは、幅は350mmから750mmまで50mm間隔で選ぶことができますが、奥行は345mmで一定なので、プレートがラックから前後にはみ出してしまいます。また、高重量のプレートは1段に1枚しか置けませんから、18枚のプレートを片付けるには、かなりの段数が必要になります。

 

仮にサイズが十分に大きく、高耐荷重のラックを使ったとしても、20kgのプレートを水平にして片づけるのは、実際にやってみると分かるのですが、かなり大変です。特にプレート同士を重ねてしまうと、プレートにラバーが付いていることもあって、引き出すのがより難しくなります。

 

ということで、移動させる必要がない場合は、やはり専用のプレートラックがオススメです。

 


 

自作・中古のプレートラック/プレートツリー

プレートラック/プレートツリーの自作

プレートラックやプレートツリーを自作するという手も考えられますが、私は次の理由でお勧めできません。

 

十分な耐荷重を保証できない

まず140kgものプレートを乗せられるのに十分な耐荷重が必要になります。壊れたりすれば、床が傷つくだけでなく大怪我に繋がる危険性もあります。

 

しかし専門的な知識がなければ、十分な耐荷重を持ったプレートラックやプレートツリーを設計することはできません。また高耐荷重を確保するためにプレートツリーは通常金属製ですが、自製しようとすれば金属を溶接する器具と技術が必要です。仮にプレートツリーの形ができたとしても、実際の耐荷重がどれくらいあるのか測るには、専用の測定器がないと確認できません。

 

プレートラックやプレートツリーは、1〜2万円も出せばプロが設計し耐荷重が保証された製品が手に入ります。苦労してリスクのあるものを自製するより、買った方が楽だし安心です。

 

中古のプレートラック/プレートツリー

店舗やネットで中古のプレートラックやプレートツリーも手に入りますが、これも私はお勧めできません。

 

実質耐荷重が分からない

新品であればメーカーが耐荷重を保証していますが、中古品はその使用履歴が分かりませんから、実質耐荷重がどれくらい残っているのか不明です。もしこれまで過剰の荷重が何度もかかっていたり、過度の熱履歴が与えられたりしていれば、金属疲労等によって素材内部にヒビが入っていたり溶接が破損してるかもしれません。

 

こうした不具合は素人が見ただけは分かりませんし、中古品ではメーカーも保証してくれません。新品をメーカーから直接購入することを、強くお勧めします。

プレートツリー/プレートラック比較

プレートラック プレートツリー ウェイトツリー

 

1万円未満

 

check

IROTEC (アイロテック)
プレート径 28mm
シャフト

 

IROTEC (アイロテック) プレートラック レギュラータイプ / コンパクトにプレートを収納


レギュラータイプ(28mm径)のプレート用ラックでシャフトは収められません。サイズは75cm(幅)×38cm(奥行)×89cm(高さ)で、重量は9kg。私も使っていますが、140kg分のプレートが付いている同じIROTEC(アイロテック)のパワーラック、マスキュラーセットR140にはピッタリです。耐荷重は表記がありませんが、少なくとも140kg分乗せてもびくともしません。組み立ても簡単ですし想像以上にプレートが片付きますから、特にマスキュラーセットR140を持っている人にはオススメです。

 

良い口コミ
  • 組立が簡単(15分)。
  • ガタつかず、安定感がある。
  • 26mm径のプレートも収納可。
悪い口コミ
  • 工具が付いていないので、別途2本のレンチが必要。
  • バーから塗装が剥がれ落ちる。

 

1万円台

 

check

IROTEC (アイロテック)
プレート径 50mm
シャフト 2本

IROTEC(アイロテック) オリンピックプレートラック / シャフト とプレートを同時収納 オリンピックプレート専用


オリンピックタイプ(50mm径)のプレート用ラックでシャフトも2本収められます。サイズは55cm(幅)×51cm(奥行)×111cm(高さ)で、重量は14.6kg。縦型なので、50cm角のスペースに全てコンパクトに収めることができます。プレートを出し入れするとき、音がしないようにゴムが付いているのもありがたいですね。

 

良い口コミ
  • 直立型なので場所を取らない。
  • ゴムが付いていてプレートが柱に当たっても音がしない。

 

check

Body Solid(ボディソリッド)
プレート径 28mm
シャフト 2本

Bodysolid ボディソリッド スタンダードウエイトツリー&バーホルダー SWT19


レギュラータイプ(28mm径)のプレート用ラックでシャフトも2本収められます。サイズは59cm(幅)×51cm(奥行)×102cm(高さ)で、重量は10kg。何といっても耐荷重が450kgもあるのが特徴です。底辺も60cm角ほどしかありませんので、狭いスペースに多くのプレートとシャフトを収納したい場合にオススメです。

 

2万円台

 

check

Giantex
プレート径 28mm
シャフト 4本

Giantex 2?Tier 40バーベルダンベルラックウェイトストレージスタンドホームジムベンチベース


レギュラータイプ(28mm径)のプレート用ラックでシャフトが4本収められます。サイズは100cm(幅)×48cm(奥行)×95cm(高さ)です。耐荷重も350kgと十分。プロ仕様のプレートラックです。こんなのが家にあったら、かっこいいですね。ただし幅が1mありますので、設置場所のサイズを確認してから購入してください。

 

5万円台

 

check

Crown Sproting
プレート径 50mm
シャフト 6本

オリンピック2インチプレートツリー6バーホルダー付きbyクラウンスポーツ用品


オリンピックタイプ(50mm径)のプレート用ラックでシャフトが6本も収められます。サイズは、47cm(幅)×62cm(奥行)×102cm(高さ)です。プレートを収めるバーは6本しかありませんが、耐荷重は363kgもありしっかりした作りです。シャフトが6本も収められるプレートツリーは他にありません。

IROTEC(アイロテック)のプレートツリー

ちょっと大きめの段ボール一つで届きます。

 

段ボール入りプレートラック

 

部品は3つだけ。本体は溶接済みなので、2本の足を本体に取り付けるだけです。

 

組み立て前のプレートラック

 

4本のボルト/ナットで取り付けます。工具は付属していないので、14mmと13mmのレンチを自分で用意する必要があります。仮止め状態ではグラグラしていますが、工具で締め付ければ安定します。そのままではやり難いので、本体を逆さまにして締め付けるといいでしょう。

 

プレートラックの取り付け部分

 

私はパワーラック組み立て時に購入した、ラチェットレンチとモンキレンチを使って締め付けました。

 

ラチェットとモンキレンチ

 

18枚のプレートを全て乗せるとこうなります。

 

プレートを全て乗せたプレートラック

 

予想以上に小さなスペースにスッキリと収まります。左側に20kgと15kgの大きなプレートをかけるのですが、同じ会社の製品なのでサイズがピッタリ。一番下のピンがまだ余っているので、プレートを追加購入しても大丈夫です。マスキュラーセットを購入したら、是非、このプレートツリーも揃えるといいですね。

Sponsored Link