筋トレにはスマホの記録アプリが必須

筋トレを継続して効率を上げていくには、トレーニングごとに種目別の重量、回数、セット数、インターバルなどを記録していくことが必須です。もし記録を残さないと、前回のトレーニングで使ったウェイトの重量を全て頭の中で記憶しておかない限り、最適な重量を毎回探らなければいけなくなります。

 

例えば10回前後挙げられる限界の重量に設定するには、簡単にウェイトを変えられるアジャスタブルダンベルならまだしも、バーベルのウェイトを微調整するとなると結構な時間を無駄にすることになります。

 

いちいちノートに手書きで記録を取っている人もいるようですが、やはりスマホの専用アプリにはかないません。筋トレ用のアプリは記録する効率がいいだけでなく、インターバルを測ってアラームを鳴らしてくれたり、過去の記録をグラフ化してくれたりする機能もあります。

 

これまではFitness Archiveという使い易い記録アプリがあったのですが、残念ながら2019年4月22日にサービスが終了してしまいました。

現時点ではGymRunがベストの筋トレ記録アプリ

Fitness Archiveのサービス終了を受けて他の筋トレ記録アプリをいくつか試してきましたが、GymRunが今のところ最も使い易いアプリです。

 

GymRun

 

トップページはこんな感じで、各トレーニングがエクササイズデータベースに登録されており、ルーチンで設定したトレーニングをこなしていくというスタイルです。

 

GymRun

 

エクササイズデータベースは、僧帽筋、肩、胸など各部位ごとに分かれています。

 

GymRun

 

代表的なトレーニングは予め登録されていますが、名前はご覧のように全て英語表記です。どのようなトレーニングか一目で分かるスケッチがそれぞれ付いているので、英語表記でもそれほど迷うことはないでしょう。

 

GymRun

 

ここで「+」マークをクリックすると新しいトレーニングを自分で登録することもできるのですが、その際スケッチを選ぶテンプレートの数が限られているので、なかなかぴったりのスケッチがなく苦労します。そんなときは、自分で撮った写真やネットにある画像を貼り付けることもできます。

 

GymRun

 

各トレーニングの記録は、下図の画面で行います。重量の増減は「−」「+」ボタンで簡単に増減できますが、重量は小数点以下に端数があると「−」「+」では思い通りに増減できません。数字を直接打ち込まなければならないので、ここはFitness Archiveにあったような数字を上下にフリックして入力できる方が使い易いですね。

 

GymRun

 

重量の設定をしたり目標回数を決めるのに必須の過去データも、もちろんこの画面に表示されます。Fitness Archiveでは前回の記録しか表示されませんでしたが、GymRunではすべての過去データをスクロール表示することができます。

 

GymRun

 

インターバル(休息期間)も、もちろん設定できます。アラーム(フィードバック)は、スマホの振動、アラーム音、ボイスメッセージから選択することができ、Fitness Archiveよりも機能が豊富です。また、種目を変更してもインターバル時間が継続してカウントされ続けるのは、Fitness Archiveにはなかった便利な機能です。

 

GymRun

 

GymRunにはこれ以外にも豊富な機能があります。2か月ほど使い続けてみましたが、現時点では一番使い易い筋トレ記録用アプリだと思います。

Sponsored Link