高カカオチョコの効果

栗原クリニック東京・日本橋の栗原先生から勧められた、高カカオ含量のチョコレート。先生によると、次のような効果があるそうです。

  • 食前に摂る(チョコレート・ファースト)とリグニンによって血糖値の急上昇が抑えられる。
  • カカオポリフェノールが血糖値を下げる。
  • 豊富なカリウムが血圧を下げる。

 

こういった効果は検査をしなければ分からないことですが、高カカオチョコを継続的に摂っていると、日々実感できる効果もあります。

  • 空腹を紛らすことができる。
  • 集中力が持続する。
  • 甘いのに体重が増えない。

 

私は勤務中の夕方、小腹がすいたときに食べることが多いのですが、空腹感が減るだけではなく集中力も戻ってきます。おそらくチョコレートに含まれる糖分が効いているんだと思うのですが、結構食べても太らないのが有難い。

明治のチョコレート効果とザ・チョコレート

高カカオチョコレートは、明治から何種類か出ています。

 


 

最初のうちは、カカオ72%でも苦く感じるかもしれません。でもカカオ86%を食べ慣れてくると、72%は甘く感じるようになります。ただし、カカオ95%はいつまでたっても苦いですね。甘味を感じないのであまり空腹感が減りません。私が普段食べているのは、86%か72%です。

 

高カカオチョコレート

 

右端に写っているのは、同じ明治から発売されている「ザ・チョコレート」シリーズのカカオ70%のものです。小さな板チョコが3枚しか入っていませんが、薄いのでいつもカバンに入れて持ち歩いています。移動中、ちょっと低血糖気味だなってとき、手元にあると助かりますよ。カカオ含量だけでなく、果実味、ミルク味、抹茶味など、いろいろな種類が揃っています。

 


 

チョコの味に飽きてきたら、アーモンド入りもおすすめです。カカオ72%で、「素焼きクラッシュアーモンド」という「チョコレート効果」があります。

 

高カカオチョコレート チョコレート効果

 

アーモンドは、不飽和脂肪酸以外にミネラルやビタミンも豊富なため、次のような効果があると言われています。

  • カルシウムとマグネシウム:骨粗鬆症の予防
  • ビタミンE:活性酸素を抑えてアンチエイジング
  • オレイン酸:悪玉コレステロールの低減
  • 食物繊維:便秘を解消しダイエットに有効

 

高カカオ+アーモンドは、良いこと尽くめですね。

 


 

不二家のルック・カレ

高カカオ含有のチョコレートを販売しているのは、明治だけではありません。老舗の不二家からも、「ルック・カレ」シリーズという高カカオチョコが出ています。。私が好きなのは、カカオ70%の「カカオニブ」。カカオニブというのは、カカオの豆を小さく砕いたものです。

 

高カカオチョコレート ルック・カレ

 

「ルック・カレ」には、これ以外にも濃厚チーズ味や塩アーモンド入りなど、いろいろな種類の高カカオチョコが出ています。

 

不二家 春を愉しむルック・カレ(香る京抹茶) 60g×5箱

チョコで大脳皮質が若返る?

2017年1月18日、チョコレートに関する驚きの効果が発表されました。

 

 

高カカオチョコを4週間食べ続けると、大脳皮質が2歳も若返るという、内閣府と明治との共同研究結果です。メカニズムはまだ解明されていませんが、これまで減る一方と思われていた大脳皮質の容積が、カカオを食べ続けると増えるんだそうです。これは驚きですね。つまり、アルツハイマーなどの認知症で萎縮してしまった脳が、再生されるかもしれないってこと。

 

にわかには信じがたいほどの嬉しい結果ですが、なんといっても内閣府の発表ですから信憑性がありますよね?

 

太ることもなく、糖尿病を予防し、血圧を下げ、集中力が持続するだけでなく、脳まで若返えらせてくれる。高カカオチョコ、試す価値アリです。

Sponsored Link