着圧/加圧シャツ比較 第一弾

以前、アマゾンと楽天で売られている24種類の着圧/加圧シャツの比較を行いました。

 

着圧シャツの比較

 

ここで1枚当たりのシャツの価格と、引き締め効果の強さを決める最も高価なスパンデックス(ポリウレタン弾性繊維)とをグラフで比べてみました。

 

着圧シャツの1枚当たりの価格とポリウレタンの含有量とを比べるグラフ

 

この結果、スパンデックス含量が最も高く、かつ最も安価な着圧/加圧シャツとしてAzalee(アザレー)製品をオススメしました。

 

AZALEE(アザレー)洗濯前

 

それから約1年が経過し、新製品が販売されたり既存品の価格が改訂されたりしていますので、再び同じ基準で着圧/加圧シャツの比較をやってみたいと思います。

着圧/加圧シャツ比較 第二弾

1年前の着圧/加圧シャツの比較第一段から、40種類の新製品と2種類の価格改定を見つけました。新製品にはNewを付け、新価格は赤字にしてあります。随分、増えましたね。

 

加圧シャツ(着圧シャツ)の比較

 

前回同様、シャツ1枚当たりの価格とポリウレタン含量(スパンデックス含量)との関係をグラフにしてみました。赤印が新製品、新価格のシャツ。青線は近似曲線です。

 

加圧シャツ(着圧シャツ)比較の1枚当たりの価格とポリウレタンの含有量とを比べるグラフ

 

やはりかなりのバラツキは見られますが、1年前の価格から大幅に値下げされたクラジウス(Cladius)とインフィールド(InField)が、価格の割にポリウレタン含量が断トツに高いことが分かります。

 

クラジウスは1年前にはLサイズしかなく、価格もシャツ1枚当たり2,480円だったのですが、現在はM、L、XLサイズが揃い、価格はなんと1枚当たり860円まで下がりました。インフィールドも1年前は1枚当たり同じ2,480円だったのですが、現在は1,230円とほぼ半額です。

 

この結果から最もお得なのはクラジウスに見えますが、実際はそうでもなさそうです。口コミによると実際に届いたシャツのタグでは、ナイロン90%/スパンデックス10%となっているそうです。もしこれが本当なら1枚当たりの価格が860円でポリウレタン含量が10%ですから、上のグラフにある青の近似曲線上に乗るまったく平均的なシャツになってしまいます。

 

インフィールドの方は、口コミに記載されている写真でも、私が実際購入したシャツのタグでも、ポリウレタン含量は25%です。外れがまったくないとは言い切れませんが、現時点で一番オススメできる着圧/加圧シャツですね。

 

(InField) 加圧インナー 補正下着 姿勢矯正 ダイエット 着圧 コンプレッションウェア シャツ ブラック M

 

クラジウスとインフィールドは価格改定ですから、それ以外の新製品の赤印を見るとやはりポリウレタン繊維(スパンデックス)の含量を下げて低価格にした製品が増えていることが分かります。着圧/加圧シャツの認知度も上がり製品数もこれだけ増えたため、価格競争が激化してきているようです。

Sponsored Link